2019.12.08 世界人権デー大行進

香港人権団体・民間人権陣線(民陣)は今日(12月8日)「世界人権デー大行進」を発起した。それは4ヶ月ぶりの許可済み集会だった。ネットの住民は「和理非(和平・理性・非暴力)」の市民に街に出るよう呼びかけた。著述家李鴻彦はASI Analytics & Media(イギリスのAI企業Facultyとは無関係)のデータを元に、今日の集会の参加者数を34万3千人から64万3千人と推定。推定通りなら、8月18日の流水式集会の170万人を大きく下回ることになる。

 

【12:30】正午過ぎ、警察当局は記者会見を開き、今朝香港各地で行った捜査について説明した。その話によると、警察が香港島東部の砲台山道の住宅一室にて9ミリ半自動拳銃を一丁、弾倉を5個(内3個は装填済み)と実弾を105発を押収した。組織犯罪及び三合会調査科の李桂華・高級警司は警察情報として、10月20日に旺角警察署に火炎瓶を投げつけた「過激派の一味」が今日デモ行進の間に銃器を使い、警察官を銃撃しようとしたり、罪のない通行人に怪我を負わせ、警察官に濡れ衣を着せようとしたりし、混乱を引き起こそうとすると話した。

【13:00】香港鉄路・港島線湾仔駅のA1、B2、Cなどの出入り口は閉鎖。警察機動隊が一時その周辺に巡回した。駅構内にも銃を構えた警察官が警戒に当たった。

 

【13:40】日本の広島からきた 勝部さんはテレビやネットで香港の情報を目にした後、日本から応援に飛んできたと語った。勝部さんは英語で「Japan supports Hong Kong(日本は香港を応援する)」と話した。その背中の「同期の桜」は心の中の信念の現れだったという。

 

【14:00】凡そ30人の機動隊員が湾仔にある警察総部(警察本庁舎)前の歩道橋に警戒、通行人と記者の立止まりを禁じた。

 

【14:18】デモ行進の呼びかけに応じた市民は数多く、出発を待つ市民が開始地点の香港島・ビクトリア公園芝生広場にびっしりと座っていた。銅鑼湾そごう前の軒尼詩道(ヘネシー・ロード)には、市民が車道に踏み出した。

 

【14:19】デモ行進開始40分前、警察は銅鑼湾にあるオフィスビル信和広場(サイノプラザ)前の波斯富街(ペルシバル・ストリート)交差点で、黒色の警告バナーを掲げ、催涙弾の発射を警告した。

 

【14:45】デモ開始前、岑子杰・民陣代表は記者会見に臨み、今日のデモ行進において、民陣がデモ参加者の安全確保のため、警察への協力を惜しまないとした上、警察当局に自制を求め、強引に武力で人群れを追い払うのではなく、なるべく車道をデモ参加者に利用させるよう促した。また、岑氏は、過去数カ月災難並みの人道危機を経験してきた香港市民が、今日の国際人権デイに街に出て、デモ行進に参加したのは、全世界の人々に連携をし、世界各国に向けて、いかなる状況下においても、香港人が引き下がらず、引き続き五大要求を求める意思を示すためだと話した。

【15:00】民陣はデモ行進の開始を宣言した。

 

【15:30】デモ参加者が銅鑼湾に溢れかえており、行進の最前列が湾仔に到着。

 

【16:00】デモ参加者が路面電車トラムの停車駅の上にプラカードを飾り、ゼネストの長期戦に備えるよう、市民に労働組合の参加を呼びかけた。

 

【16:30】行進の最前列は中環に到着したが、ビクトリア公園前の高士威道(コーズウェイ・ロード)には、未だに大勢のデモ参加者が車道に集結。途中にデモの行列に加わる人が多くいたため、人群れの移動は緩やか。

【16:47】行進の最前列は終点・中環遮打道(チャーター・ロード)に到着。デモ行進の組織側は参加者に対し、ボランティアの指示に従い、平和に解散するよう協力を求めた。

【17:00】警察機動隊は再び銅鑼湾の百徳新街(パターソン・ストリート)に黒色の警告バナーを掲げた。

 

【17:05】放水車が中環の德輔道中(デ・ヴォウ・ロード・セントラル)に警戒。現場には、デモ参加者が西の西環方面への前進を阻止するために、警察機動隊員が数十人警戒した。

 

【17:10】銅鑼湾市街地の上空には、ヘリが引き続き旋回していた。

 

【17:30】銅鑼湾百徳新街に警戒した機動隊員が突如近寄り、周辺に傍観した市民に対し、ペッパースプレーを構えて威嚇、「ほら、ゴキブリども、殺虫剤だ。ほしいのか?」と意味不明な言葉を口走った。

殺蟲水

在和平遊行之際,有防暴警突然向市民大叫曱甴,又話「殺蟲水呀,過嚟呀,有殺蟲水,要唔要呀。」

Posted by Stand News 立場新聞 on Sunday, 8 December 2019

 

【17:31】警察は金鐘の夏慤道(ハーコート・ロード)に黒色の警告バナーを掲げ、催涙弾の発射を警告した。

 

【17:55】夜にかけ、デモ隊は未だに湾仔・軒尼詩道辺りに犇めいた。デモ参加者がフラッシュライトをつけたままスマホを高く掲げ、道を光の海に。

 

【18:11】城市広播の報道によると、デモ参加者と思しき者が、高等裁判所入り口の一つに火炎瓶などの物を投げつけ、火をつけた

 

【18:35】機動隊員が銅鑼湾の怡和街に走り出し、男性二人に対し職務質問を行った。うち一人の男性は解放されたが、もう一人の男性は警察に逮捕され、連れ去られた。逮捕の理由は現時点で不明だったが、現場記者の目撃情報によると、警察の持ち物検査で米国国旗等のものが見つかった。

 

【18:50】中環にて、機動隊員が記者と言い争いに。取材陣は近づいて撮影取材しようとした際に、機動隊員に強引に歩道まで押し戻された。その間、警察官が何の警告もなしに、銃口を前に向けたまま、催涙弾やペッパーボール弾等を発射できる暴徒鎮圧用銃を構え、手押し車を押していた老婆に一時銃を向けた。

 

【18:53】湾仔軒尼斯道の集友銀行支店が何者かに破壊された。

 

【20:15】夜、民陣の岑子杰代表は中環で記者会見を行い、今日呼びかけられた市民の数は80万人だったと発表。

 

関連記事(繁体字中国語):

立場新聞 – 【128 不斷更新】國際人權日大遊行 逼爆銅鑼灣

蘋果日報 – 【抗暴26周】大數據估算12.8遊行人數最高64萬 數十萬人上街常態化增政府管治壓力