2019.10.12 尖沙咀にて緊急法反対デモ

香港政府が『覆面禁止法』を実施して一週間が過ぎた。ネットの住民は「緊急法反対デモ」を呼びかけ、午後三時頃、九龍半島の繁華街にある尖沙咀のクロックタワーから深水埗スタジアムへ出発した。デモ参加者はバリケードを作り、政府庁舎と体制支持派の商店などを破壊した一方、警察機動隊は警戒しつつ前進したが、双方とも衝突を起こさなかった。最後デモ参加者は夕方6時前、長沙湾あたりに解散し、明日香港各地で「再会」すると呼びかけた。

【15:15】デモ参加者は尖沙咀のクロックタワーから出発し、大勢の参加者がネイサンロードの車両用通路に溢れ出した

【15:45】警察官は尖沙咀警察署で青い警告バナーを掲げた

【16:03】尖沙咀警察署にて警告用黒いバナーは三角コーンで固定された

【16:25】尖沙咀警察署で防陣を張った警察機動隊が警察署から離れて、油麻地方向へ前進

【16:56】長沙湾道にあるスナック食品小売チェーン店優品 360の支店が破壊され、後で下ろしてあったシャッターに「死福建佬(福建のクソ野郎)」のグラフィティ

【17:00】デモ参加者は深水埗スタジアムに到着する前に解散を宣告し、明日香港各地で再会すると呼びかける

【17:10】10 月 1 日でひどく破壊された長沙湾政府合同庁舎、午後再び放火された

【17:20】一部のデモ参加者は進め、地下鉄荔枝角駅付近に到着

【17:35】デモ参加者は九龍西部にある住宅街美孚で解散

引用元(繁体字中国語):

立場新聞 – 10.12 反緊急法遊行 尖咀警署雪榚筒棟黑旗警告

立場新聞 – 反緊急法遊行 破壞政府合署、建制商戶 水炮車裝甲車警署戒備

Now新聞 – 網民發起尖沙咀遊行反緊急法