2019.10.10 香港は青天白日満地紅旗に埋め尽くされた

香港から中国への犯罪人引渡しを反対する「反送中」デモが激化する中、市民は自発的に「港台連線、双十国慶」(香港と台湾と結び、双十国慶節を祝おう)などの活動を呼びかけ、「青天白日満地紅旗」や、「台湾国旗」、「台湾独立旗」などで香港を埋め尽くそうとの心意気だ。今日数多くのネット住民はネットで中華民国の国旗が道端にはためかせた様をシェアした。

フェイスブックのグループ「香港突發事故報料區」には、香港在住のネット住民が写真をアップロードした。新界南東側にあるベッドタウン将軍澳の歩道橋の真中、中華民国の国旗が翻ったのを写真に収め、「正統なる中国国旗発見」とまで書いた。それに対して、他の数多くのネット住民たちは、「香港人と台湾人は一緒に双十国慶節を祝おう」とのメッセージを残した。

その他、九龍の繁華街旺角のレノンブリッジは、「青天白日満地紅旗」と「台湾国旗」に覆い尽くされた模様、その上、「台湾の民主と自由を守れ、民主の道に台湾と香港は一緒に頑張ろう」と大きく書いてあった。

引用元(繁体字中国語):

自由時報 – 港人同慶!「青天白日滿地紅」出現香港街頭 民眾揚言國旗插遍香江

蘋果日報 – 【抗暴之戰】西環賀雙十國慶日 網民向革命先賢國父孫中山致敬