2019.09.04 中学校始業式に「民衆の歌」が響き渡る

今日行われた保良局何蔭棠中学校の始業式では、中華人民共和国国歌斉唱の間、生徒たちが国歌を掻き消さんばかりの声を上げ、「雨傘革命」以来の抗議運動で屡々歌われてきた「民衆の歌」を歌い上げた他、校歌斉唱の後、抗議運動のスローガンである「光復香港、時代革命(香港を取り戻せ、 時代の革命だ)」を叫んだ。

始業式が予定通りに始まり、司会を務める生徒がプログラムを読み上げ、校長を始めとする教師陣がステージに上がったが、中華人民共和国国歌斉唱の時、校内生徒はミュージカル『レ・ミゼラブル』の劇中歌「民衆の歌」を歌い上げた。その歌声が国歌を掻き消したかのように響き渡った。生徒たちの行動に対し、ステージ上の教師たちは制止しなかった。その後の校歌斉唱においては、生徒たちが目立った動きはしなかったが、校歌斉唱が終わった途端に、「光復香港、時代革命」とのシュプレヒコールを叫び上げた。

式がその後も続き、スピーチの終わりに、校長は生徒たちに対し、学校が和やかな家庭になるためには、「同じところを求めて、異なる点は残しておく。和して同せず」ことを忘れないようにと訓示した。それに対し、生徒たちは拍手喝采が送った。最後に司会者は「閉会にあたり、私の個人的な立場から言い足したいのは、『兄弟登山、各自努力(各々の努力で山に登ろう)』、皆それぞれの役目があり、それを果たす。どんな困難に直面しても、勇気を持って立ち向かい、周りの生徒を見て、一緒に歩んできた道を振り返り、密告もせず、仲間割れもせず、内部分裂もせず、指差し罵り合うこともしないということです。おめでとうございます。学校でも人生でも最高のものになることを祈っています。」

 

 

請各位一定一定一定要看,保良局何蔭棠中學2019至2020年度開學禮。學生的勇氣和良知盡現,大人噤聲。2:15 – 4:20- 奏國歌時,學生唱Do You Hear the People Sing – 奏完校歌後,學生呼喊「光復香港,時代革命」10:08 – 10:58- 學生MC說:「開學禮已完滿結束,最後我想就個人立場跟大家說,希望大家謹記,兄弟爬山,各自努力,大家有不同的崗位,都要謹守自己的崗位,不論遇到任何困難,都要勇敢面對,看一下身邊的同學,回望我們一起走過的路,秉承著不篤灰、不割席、不分化、不指責…恭祝各位同學,在新學年學業進步、心想事成。禮成」11:10 – – 學生再在音樂聲中唱Do You Hear the People Sing ,並喊「光復香港,時代革命」、「五大訴求,缺一不可」

Posted by Sampson Wong on Tuesday, 3 September 2019