2019.08.24 観塘区デモ ゴム弾が抗議者の目に命中

政府から逃亡犯条例改定案反対運動の「五大要求」への返答を求めるとともに、個人情報監視システム付き街路灯に関わる個人情報保護問題について注意喚起すべく、市民らが今日、九龍東部の観塘区にデモ行進を行った。

香港の鉄道運営会社香港鉄路は前例がなく、抗議活動の開始前にデモコースの周辺各駅の封鎖をし、観塘線彩虹駅と調景嶺駅区間における列車の運転休止を12時間近く実施した。同深夜11時45分頃、観塘線のダイヤがやっと復旧した。

デモ隊は個人情報監視システムのついた、所謂「スマート街路灯」を破壊した。今回の抗議活動において、警察当局は29人を逮捕した。

関連記事: 立場新聞