2019.08.23 バルト三国の参照 十万人が手を繋いで香港島・九龍に渡った「香港の道」

「香港の道」はスターフェリーピア(天星碼頭)から荃湾線と観塘線を接する港島線を含め、香港地下鉄の主な3線路を連接し、総距離は60キロを達した。

【香港之路 天后至炮台山】電車視角

【香港之路 天后至炮台山】電車視角直播專頁:https://live.thestandnews.com《立場新聞》:Instagram:https://instagram.com/thestandnewsTelegram:https://t.me/thestandnewsTwitter:https://twitter.com/standnewshk報料電郵:report@thestandnews.com報料 Telegram:t.me/standnewsreport訂閱每日文章精選:https://bit.ly/2F3k6pX支持立場新聞:https://mystand.thestandnews.com/

Posted by Stand News 立場新聞 on Friday, 23 August 2019

記事の出典: 823HKers 。

【他の写真: Dropbox

香港デモ者の行動が急進化  手を繋いで香港島・九龍に渡った「香港の道」を形成

世界の関心を呼びかけ 「和理非」で五つの要求を訴える 

8月18日の平和集会の成功を引き継いで、香港市民が自発的に
13.5万人が集まった8月23日の夜、市民らが手をつないで「香港の道(The Hong Kong Way)」をつくった。「バルトの道」30周年記念の傍ら、全世界の注目を集めるために、市民が香港島と対岸の九龍地域にわたって「人間の鎖」をつくった。五大要求の実現及び人権、正義と法の支配を守る決意を平和的に訴えた。

「香港の道」は香港地下鉄の主な3線路(荃湾線、観塘線及び港島線)にわたって、スターフェリーピア(天星碼頭)をはじめ、香港島と対岸の九龍地域に連接した。長さは45キロを越えた。13.5万人が各地域に集まり、それぞれ携帯にライトを灯し、自発的に「人間の鎖」をつくった。「平和派」と「過激派」を区別せず、力を合わせて香港人の連帯と意思を世界に示した。参加者数が予想を越えたため、市民らが自発的に当初予定されていた以外の場所で「人間の鎖」を形成した。その路線は:ライオン・ロック(獅子山)、ガーデンヒル(嘉頓山)、ホンハムフェリー乗場(紅磡碼頭)から鶴園街、窩打老道、界限街、基堤道から太子道西、柴湾道を沿って筲箕湾から大譚道の交差点、荃湾から荃湾大会堂、太子から九龍塘までなど。新しい路線の長さは約15キロのため、「香港の道」の総距離は60キロに達した。

30年前の1989年8月23日には、旧ソビエト連邦の支配下にあったバルト三国(エストニア、ラトビア、リトアニア)の市民が平和、理性、非暴力的を歴史に刻めるデモ活動「バルトの道」を行った。約200万人が3カ国の国境を越え、約600キロにわたって手をつなぎ、「バルトの道」と呼ばれる「人間の鎖」を実施した。その目的は3国の立場は一致して独立を求めること、及びソ連政府への不満を示すためだった。「バルトの道」の要求は香港現在のデモ活動と似ており、政治問題のみならずモラルの問題も含まれていた。

そこで、香港市民は「バルトの道」を倣い、「香港の道」という企画を呼びかけた。各階層の市民が力を合わせ、適法及び平和的に、他人に迷惑をかけないような形でそれぞれの意思を政府に示した。「バルトの道」の壮挙を継ぎ、香港を守り抜けるよう世界各地の関心を集め続ける。

「6月16日、200万香港人が街に出て世界を驚かせた。我々は再び手をつなぎ、暗い夜の中で100万人の心が一つとなり、「香港の道」を構築した。我々が正しいと思うものを守り続ける。それが正真正銘の「We Connect」である。」

 

「香港の道」声明

1984年、中国とイギリスは香港で「中英連合声明」に署名しました。その場で、中国政府は香港特別行政区基本法に沿い、中国の社会主義を香港で実施せず、香港の「港人治港」(「香港人が香港を治める」)及び「高度な自治」という資本主義の制度が50年間維持されると保証しました。

しかしながら、中国政府は頻りに香港問題へ介入しています:2003年、「基本法23条」を通過させることを画策。2012年、「洗脳」する目的だと批判された「国民教育」の強行実施。2014年、「831フレームワーク」を提出し、基本法で規定されている行政長官及び立法評議会選挙の二重普通選挙権利を歪める。 2015年、コーズウェイベイ書店の店員が次々と姿を消した事件で、中国当局は香港に越境して香港人を拘束。2016年、司法審査によって6名の民主派議員の議員資格を剥奪。2018年、街の中心部で高速鉄道の「一地両検(一カ所で香港と本土の出入国検査を行うこと)」を強引に実施。2019年には、「逃亡犯条例」改正案が発表され、数百万人が改正案に反対するよう立ち上がりました。その後、警察の暴力は国際基準に違反することや、警察が無差別襲撃事件を起こした「犯罪組織」との共謀を疑われるまでに、市民は怒りを覚えました。

只今2019年8月23日が「バルトの道」30周年記念であり、我々は「香港の道」という企画を通し、政府に「一国二制度」の原則を順守させ、及び香港人にふさわしい高度な自治、民主的で自由な生活を取り戻そうとしています。

本日、地下鉄荃湾線、観塘線及び港島線3線にわたった主要な「人間の鎖」のみならず、自発的に形成した「人間の鎖」も少なくありませんでした。手と手を繋いで形成した45キロの「人間の鎖」は、香港人が「平和派」と「過激派」を区別せず、一心同体で決して仲間割れしない、諦めないという意志を表しました。

我々は、各国の政府、国民、そして中国国民に、ぜひ香港人に加勢するようお願い申し上げたいと思います。これは政治的な問題だけでなく、良心に照らして譲れない人権問題でもあります。 我々は、各国の政府及び中国国民が中国政府に対し、下記の要求を促すことを求めています:「中英連合声明」と基本法を恪守することを保証すること、及び香港人にふさわしい高度な自治、民主的で自由な生活を順守すること。

我々は再び申し上げます。五つの要求、いずれも欠かせません。

1. 普通選挙の実施

2. 警察の過度な暴力制圧の責任追及、及び独立調査委員会設立と警察調査実施

3. デモ参加者の罪を問わず、起訴中止及び釈放

4. 市民の抗議活動を「暴動」とみなす見解の撤回

5. 「逃亡犯条例」改正案の完全撤回

これが香港を衰亡から救済する最後のチャンスです。

香港人、そして世界中の国々よ、残されている時間は限られています。

迫害を受けている人のために声をあげてください。