2019.08.21 元朗駅に座り込み 一ヶ月前のテロ襲撃に怒りを示す

一ヶ月前の夜、白服の暴徒は帰途についた無数の香港人に無差別テロ襲撃を起こした。 見るも無残な出来事だった。
22:15 一時間ごとに、時計の長針で12を指す度、座り込んだ市民は立ち上がり、二分間黙祷を捧げ、「7・21襲撃事件」への不満、憤怒の意を示した。駅構内、人波は自然に長々と「モーセが紅海を割った」ような光景を見せた。

20: 56 駅構内は黒服に埋め尽くされ、地面一杯に座った座り込みの参加者たち。駅の利用者のために残された、ほそぼそとした二本の通路が空いており、秩序整然な状況だった。

19:54 一ヶ月前の夜、白服の暴徒は帰途についた無数の香港人に無差別テロ襲撃を起こした。 見るも無残な出来事だった。

事件発生してから一ヶ月が過ぎ,白服の暴徒27人が逮捕されたが、一人も起訴されていない。一方、「反送中」運動参加で逮捕された人の数は700以上にのぼり、内数十名は最大勾留期間48時間後で裁判所に送致され、暴動、違法集会、警察官襲撃などの容疑で起訴された。

警察当局が恣意的に公務執行したり放棄した様に対して、市民の憤慨が極みに達した。

そのため、今夜元朗駅にて、数え切れない市民は黒服を着て、白い恐怖を恐れずに、座り込みに参加し、不満と怒りを示した。

撮影・記事作成:李遨

(カバー画像と文章の引用元: Resistance Live Media ; その他の画像と映像の引用元:AP通信社、眾新聞

関連記事(繁体字中国語):2019.07.21 晚上元朗黑社會圍毆途人 報警39分鐘未有警察到場