2019.08.09-11 香港国際空港にて「一緒に飛ぼう」集会

3日連続「万人で出迎え」、引き続き「一緒に飛ぼう」

2019年8月9日から8月11日、ネットの住民は「万人で出迎え」集会を呼びかけた。参加者は香港国際空港にて座り込みなど「和理非」(和平、理性、非暴力)の方法を通じて旅客に向けて「反送中」運動(容疑者を中国への引き渡しを可能にする条例修正への反対運動)を宣伝した。空港を運営する機場管理局は慣例に反して集会の時間に制限を設け、集会期間中、有効な搭乗券か航空券持ちの旅客しか出発ホールの旅客受付デスクに出入りすることが許されなかった。多くの航空乗組員は機管局の対応を批判した上、そのせいで一部の乗組員が時間通りに出勤報告できない恐れがあり、事実上「ストライキを参加させられる」と指摘した。一部の市民と旅客も当局の取り決めを余計だと考えた。

ウィキペディア(中国語): 香港國際機場反修訂逃犯條例抗議活動 § 「萬人接機」集會