香港警察トップ:警察当局は陰謀論の被害者

2018年11月退職した劉業成元副処長(行動)は2019年8月、新設の臨時副処長(特別行動)として警察に復帰。香港警察は「黒警察」と認定されたことについて、劉は「世界最大の陰謀であり嘘である。我々(香港警察)は陥れられた」と強弁した。なお、劉は政党や、マスコミ、福祉業界など一部の人間が、香港政府の威信を失墜させようとするために手段を選ばず、暴力支持を明言し、学生のデモ参加を扇動のみならず、何者かが報道の自由を言い訳に、事実を歪曲し、フェイクニュースをでっち上げ、警察への憎悪を煽ると憤りを表した。

関連記事(繁体字中国語):

蘋果日報

明報