非番警官は私事で住民と喧嘩 警棒で市民を殴打

12月2日夜6時45分、九龍西部の深水埗桂林街と大南街の交差点付近、ヘルメットをかぶり、縞模様のTシャツを着た男性は、灰色のジャケットを着た通行人の男性と道の問題で言い争った。縞模様のTシャツの男性は激昂し、突然にバイクから降り、リアボックスのバッグから伸縮式特殊警棒を持ち出した後、警告なしに警棒で灰色のジャケットの男性の足を数回殴った。

現場の目撃によると、当時縞模様のTシャツのバイク運転手は「警察に通報する必要がねえ。俺様は警察だ!」と声高に叫び上げた。自動車登録情報によれば、そのバイクの所持者氏名は現役警官と同じく潘X光、登録された住所は九龍牛池湾豊盛街法執行機関専用寮。

十数分後、20人以上の機動隊員は警察用車両で現場に赴いた。その後の様子は映像に捉えられなかったが、現場の目撃証言によれば、警棒で足を殴られた男性は機動隊員に警察用車両に連れ込まれ、連行されていった。『苹果日報』の質問に対し、警察当局は事件は刑事事件ではなく、「紛争」として処理され、事件でけがや逮捕された者がいなかったとしたが、バイク運転手の52歳男性は非番中の警察官かについて、警察当局は明言しなかった。

蘋果日報