警察隊は住宅の近隣で発砲 催涙弾を発射

警察隊は一度催涙弾を乱射し、近隣の住宅に影響を与えた。近隣の住宅の15階で住んでいる馮氏は現場へ状況を確認しに行き、現場の警察隊を非難した。馮氏の証言では催涙弾の発射時に自宅で家族と食事しており、白い煙が漂いながら屋内に入ってきたという。窓を閉めても間に合わず、二歳の娘が目が痛くなって、馮氏は警察隊が住宅の密集している場所で催涙弾を発射する理由を理解できなかった。またそのあたりを通過している住民は警察隊に抗議し、「老人センターも近いのに何を考えているのか」と強く非難した。

事件ビデオ/ウェブリング

RTHK

Youtube