機動隊員、自制を失い 銅鑼湾で女性を地面に引っ張り落とす

昨年『逃亡犯条例』改定案がきっかけとなった抗議運動が開始してから1年、6月12日、市民団体が香港各地で展示会などを行い、民主化運動のメッセージを広めようとしていた。

それに対し、香港警察が権力乱用を続け、香港市民の自由と基本的な権利を弾圧し続けた。その中、情緒不安定で自制を失ったと思われる警察官が暴力を振るった様子が学生メディアのカメラに映っていた。

香港科技大学学生自治会編集委員会の映像を見るに、香港島の繁華街にあるそごう百貨銅鑼湾店前の横断歩道では、一人の女性は夜、友人とともに横断歩道を渡り、向かい側の渣甸坊(ジャーディンズ・クレッセント)に行こうとしたところ、規制テープを片手に握った一人の警察機動隊員が理由もなく、突如後ろから女性を引っ張った後、地面に押し倒した。

他方、ネットメディアの動画では、ある香港警察の警察官は片言で米国の構造的な人種差別への反対運動「ブラック・ライヴズ・マター(Black Lives Matter」のスローガンを口にしたが、その目的と意味は不明だった。

[科大振翅即時]20:56 #銅鑼灣#612一週年遍地開花於銅鑼灣崇光百貨外,一批防暴警員突然衝前追捕示威者,期間一名防暴警員捉住將一名女子的肩膀,將其拉扯在地,該名女子險些以頭部着地,險象環生。然而,警員並無對該名女子作出任何拘捕行動或扶起女子,便施然離去。#科大編委 #hkustsueb #612 #抗爭一週年 #freehongkong

Posted by 香港科技大學學生會編輯委員會 The Editorial Board, HKUST Students' Union on Friday, 12 June 2020

 

『香港法律』第232A章『警察(紀律)条例』第1部第3条:
(2) 規律違反行為とは以下の行為を指す ——
(c) 秩序と規律を害する行為
(k) 不法または不必要な権力の行使により、他人または政府に損失もしくは損害を与える行為
(m) 公共サービスの信用を毀損することを目的とした行為

 

『香港法律』第212章『人身に対する犯罪条例』第39条:
身体的危害を生ずる暴行罪
他人に身体的危害を生ずる暴行罪で有罪判決を受けた者は、公判に付すべき犯罪で有罪判決を受けたとし、懲役3年の刑を処す。

 

関連事件:「6・12」抗議デモ1周年

関連資料(繁体字中国語):

蘋果日報(報道)

LIHKG(討論)

科大編委(影片)