警察機動隊員、男性の右足を捻じ曲げ 関節を踏みつけ

夜9時36分頃、九龍中部の繁華街旺角にあるショッピングセンター瓊華中心辺りにおいて、一人の男性が「黒警察」などを叫び、警察隊に罵声を浴びせた。その後、機動隊員が挙って走り出し、男性を包囲した後に、男性を突き飛ばした。その間、機動隊が男性に私刑を加わったと疑われる。

その後、男性が手錠をかけられ、逮捕された。警察車両を待つ間、男性の右足を伸ばせなかったが、警察官が膝で男性を押さえつけた上、男性が拘束されたまま、その右足を無理矢理に捻じ曲げた。

その様子を見た市民が悲鳴を上げ、数度にわたり警察に怒鳴りつけ、警察を止めようとした。北京語を話す女性が「やめて。 恐ろしい」と話した。市民が現場にいたボランティア救護員に男性への応急措置を求めたが、警察がそれを許さなかった。機動隊員が「叫ぶのはいいが、攻撃はするな」と話したが、当時市民側には目立った動きがなかった。その後、男性が登録番号「AM8311」の警察車両に連れ込まれたが、現場を離れる際に、男性がよろめきふらついた。

【5.27 旺角即時| 市民大叫黑警隨即被捕 警員強行屈曲被捕人士右腳】2136…

Posted by 城市廣播 City Broadcasting Channel (CBC) on Wednesday, 27 May 2020

『香港法律』第427章『刑事犯罪(拷問)条例』第3条 – 拷問:
(1) 公務員または公的立場で行動する者が、その国籍または市民権の帰属に関係なく、公務の遂行または公務遂行を本来の目的とする行為をする際に、香港またはその他の場所において、他人に故意に激しい苦痛を与える行為は拷問罪に該当する。

関連事件:5月27日「国歌法」反対デモ

蘋果日報 (圖片)

城市廣播(即時)