警察機動隊は区議を侮辱した上に職務妨害

職務の一環として警察行動監察のために現場に出向いた区議会議員趙家賢に対し、警察機動隊は、警察の公務に支障が出るとして後退を命令したが、趙家賢は身分証明書を提示し、区議の職務遂行と説明した上、支障が出ないよう後退する意志を示した。

しかし機動隊員は趙家賢の発言を無視し、ヘルメットのレーザー発生装置で趙家賢の両目を照射した後、その場を離れろと命令した。双方は口論になり、趙家賢は「記者が撮影したんだ。乱暴にするつもり?ここは私の選挙区で、私は立ち止まらず歩いている。それでいいだろう。私は東区防犯委員会のメンバーで、あなた(警察)の東区指揮官の電話番号だって知っている」と話した。

それを聞いて機動隊はすぐ激昂し、「貴様何の犯罪を防止したんだ?犯罪支持したんだろ!死ねよゴキブリ野郎!ゴミクズ!糞が!」と怒鳴り散らした。趙家賢は突然の暴言に激怒し、「あなたは何様のつもり?私は区議の職務を遂行しているだけですよ。あなたたち警察がどう仕事するか見ているだけですよ」と話した。

蘋果日報

Facebook