警察は令状なしに飲食店に侵入 店長等を拘束

10月30日、ネットの呼びかけに応じて、数百人の市民が再び警察の大興行動基地前に集まり、新界北西部の屯門に起きた謎のガス集団中毒について、警察に説明を求めた。

民衆が集結してから1時間足らず、警察機動隊と特殊戦術小隊は突然屯門良運街に姿を現し、民衆を挟み撃ちした後、現地住民を大量拘束。

夜10時頃、覆面した警察機動隊の小隊は、一人の男性と一人の女性を警察部隊の前に踊ったりし「挑発」したとして追跡。その後、その二人が後に入ったとされた、私有集合住宅「盈豊園(グッドリッチ・ガーデン)」の飲食店「東屋台」に令状なしに侵入を試みたが、店長の女性に拒まれた。

激昂した覆面した警察機動隊は店長の女性を引っ張り、結束バンドで女性ともう一人の男性を後ろ手に縛った後、店内に侵入し、踊った二人を取り調べた。

東屋台のオーナー黄さんによれば、店の前に逮捕された二人は黄さんの妻と義理の弟とのこと。黄さんは店近くの自宅でライフ中継に妻が拘束されたところを見て、すぐ店に行ったが、その二人の姿が既に見当たらなかった。

関連記事(繁体字中国語):

蘋果日報

蘋果日報

蘋果日報

城市廣播

RTHK

立場新聞

眾新聞

LIHKG

Facebook