言論で罪が問われ 違法集結扇動の罪で不当起訴

警察当局は16日今日、違法集結扇動の容疑で建設工事従事者一人を逮捕した。

組織犯罪対策及び三合会調査科主任劉雲達警部の発表によると、今朝7時葵涌邨逸葵樓の住居で逮捕されたのは建設工事従事者と称された37歳男性。当局の調べによると、その建設工事従事者は公開のネットプラットフォームで、警察が「被逮捕者を拷問致死した」などの流言飛語を発表し、官庁舎施設を包囲するよう他人を扇動した。劉氏は、事件が調査中として、言論の具体的内容の発表を控えたが、被逮捕者のパソコンとスマホを押収してさらなる調査を進めるとした。

明報

立場新聞