親中派老人は青年と揉み合い 警察は青年を逮捕 老人を解放

2019年10月18日午後1時45分前後、香港鉄路観塘線牛頭角駅の向かい側にある私有住宅地玉蓮台前、約60歳の親中派「青リボン」老人が一人、許可なく一人の青年の顔写真を至近距離で撮影した。それに対し、青年が老人に写真の削除を求めたが拒否された。

老人がスマホをしまおうとした際に、青年はそれを阻止すべく手を伸ばしたが老人に叩かれた。双方は揉み合いになり、青年が老人に殴られ、地面に倒れた。その時、もう一人青服を着た中年男性は機を乗じて青年を数回蹴った。

その後、警察は現場に到着、青年を地面に抑えつけ、マスクを外そうとした。最後、青年が自らマスクを外したが、それでも『覆面禁止法』違反、違法集結、傷害罪等の容疑で逮捕された。一方、「青リボン」老人と加勢した中年男性は無事逃げ切り、逮捕されずにいた。

事件映像・リンク:

蘋果日報

立場新聞

信報Facebook