親中派、区議の横断幕を組織的に破壊 香港警察が事前に横断幕文言を記録

6月18日深夜11時半頃、数人の警察官が深水埗区議会の劉家衡・李文浩両議員の横断幕を検査し、そこに書かれた文言を記録した。翌19日早朝5時頃、親中派徒党と思しき者4人、横断幕が掲げられた場所に集まり、横断幕を破った。事件現場は警察署に近いにもかかわらず、破壊工作が発生してから警察官が現場に到着するまでに20分以上かかった。

 

『香港法律』第200章『刑事犯罪条例』第60条:
財産破壊及び毀損罪
(1) 適法的な理由なく、他人の所有する財産を破壊若しくは毀損することを目的に、その財産を破壊若しくは毀損する、またはその財産が破壊・破損されるかどうかについて無謀である者は有罪とする。
(2)財産の所有者が本人か他人かにかかわらず、適法的な理由なく、以下の場合において財産を破壊若しくは毀損する者ーー
(a)その財産を破壊若しくは毀損することを目的とする、またはその財産が破壊・破損されるかどうかについて無謀である;かつ
(b)その破壊若しくは毀損により他人の生命に危害を与えることを目的とする、または他人の生命に危害を与えることかどうかについて無謀である者は有罪とする。

 

『警察一般命令』第6章第6-01条:

2.(a)警察官は、職務遂行の場合を除き、以下の者と交際してはならない。
(i)既知の犯罪者もしくは三合会構成員、または
(ii)その者との交際は警察官自身ひいては警察隊全体に不評を招く可能性があると警務処処長(または警務処副処長[サービス品質])により通知された者

(b)警察官は、職務遂行の場合を除き、評判が怪しいもしくは評判が悪い人物と交際すべきでない。

 

関連文書(繁体字中国語)

劉家衡議員Facebook

李文浩議員Facebook