私服警官は令状と警察手帳提示せず 工場ビルに侵入

10月2日午後、私服警官が新界南西部の工業地帯葵興の工場ビルに突入し、その一室の扉を破壊した後に侵入。当時現場にいた人の目撃証言によれば、私服警官が行動した際に、警察手帳や令状を提示しなかったため、強盗と見なして自衛したが、殴りかかった直後、警察は警察手帳を提示し、殴った人を窃盗罪と警察官傷害罪の容疑で逮捕した。行動の間、室内のものは破壊されたそうだ。

LIHKG

Facebook