私服警官が市民の強制連行を図るも失敗 実銃で群衆を威嚇

夜10時45分頃、九龍中部のメインストリート、旺角彌敦道(ネイザン・ロード)にて、警察機動隊は抗議した市民に対し、催涙弾を放った後、徐ろに後退した。

その時、SUVと自家用車はドアが開いたまま全速力で走り出したのを見るや、デモ参加者がすぐ横街に逃げ込んだ。私服警官は車から降りた途端、山東街に走っていき、市民を取り押さえようとしたが、抗議者側からペットボトル、ゴミなど投げつけられて失敗、車に戻ったが、そのうち一人の警察官は車に乗り込む前、理由もなく街中の他の市民に実銃を向けて威嚇した。

立場新聞