福建系ギャングが大暴れ 香港島・北角で通行人を襲撃

香港島北岸の炮台山辺りにて、警察支持の徒党は集結し、中国国旗を掲げながら、通りすがりの市民を無差別に殴りかかったが、警察による逮捕者数がゼロ。警察支持者の一味は襲撃後、現場から無事に逃げ去った。その連中の装いは先日、「銀龍珈琲茶座」の従業員が警察を接待した際に着た服装と酷似しているが、両者の関係性は現時点で不明。警察は再びトライアドと手を結び、ギャングをけしかけ、民間人を襲わせることで、市民を萎縮させ、声を上げにくくしようとしている

関連記事(繁体字中国語):

蘋果日報

立場新聞

LIHKG

Facebook

Facebook

Facebook