理由もなく 通行人に催涙グレネード投擲

11月2日、警察は香港島の繁華街銅鑼湾において、市民の強制退去を行った際に、警察の対応に不満を示した男女二人に対し、一人の警察官が徐に歩道上の市民に近づいてから、突然に人の群れに向けて催涙グレネードを投げつけた。現場には抗議者がおらず、ごく少数の一般市民しかいなかった。

城市廣播