特殊戦術小隊員は記者に4発の銃弾

今日午後5時頃、九龍中部の繁華街、油麻地彌敦道にあるカフェ「85 daily cafe」前、警察の特殊戦術小隊が少女を3人拘束した。『苹果日報』の記者が二人その様子を撮影取材した際に、特殊戦術小隊から妨害を受けた。記者が身柄拘束された少女に名前を尋ねたところ、何者かが突如記者の後ろから発砲し、少女の右腕を撃たれた(弾種はゴム弾かペッパーボール弾かは不明)。その後、二人の記者に更に三発放った。一人の記者が両手を上げながら「こちらは記者ですよ!なんで発砲したか?」と叫んだ。当時一人の記者は蛍光ベストを着ており、もう一人は「PRESS(記者)」と印されたヘルメットをかぶった。記者が正体を明かした後、特殊戦術小隊が更に三発放った。映像の左下隅に、銃弾が目の前に横切ったのがわかった。

その後、特殊戦術小隊が後ろからやってきて、記者を「ゴキブリ野郎」と侮辱しながら、ライオットシールドで記者を前へ前へと突き飛ばした。一部の警官が記者のゴーグルに向けてペッパースプレーで威嚇。警察手帳や識別番号を提示した警官がおらず、全ての警官が覆面した。

蘋果日報

蘋果日報

Facebook

Facebook