武装警察は数十人の記者とボランティア救護員を取り調べ

香港理工大学学生寮を武漢肺炎の検疫施設として利用する計画に対する抗議活動を取材した際に、現場に待機した記者たちやボランティア救護員が武装警察に横一列に並べと命じられた。

警察は一人ずつ記者たちとボランティア救護員の身分証明書を調べ、個人情報を書き写した他、持ち物を検査した。蛍光ベストを着た記者等を対象にした取り調べは珍しかった。

LIHKG

蘋果日報

Now TV