武装警察は外国人の通りすがりに「すっこんでろ」と罵声 警察手帳提示拒否

香港民主化デモの中、勤務中の武装警察は激昂し、狂っているように現場の記者や現地住民に罵声を浴びせたり襲いかかったりしたことは珍しくなく、2019年10月20日、市民メディア『衆新聞』は外国人男性と武装警察のやり取りを取り上げた。その報道によると、外国人男性が一人、九龍の旺角警察署前に機動隊の様子を物見した上に撮影した際に、覆面の機動隊員が一人、突如その男性を恫喝し、後ろの防犯カメラに指差しながら、拙い英語で「I photo for you if you want(『写真を取りたいなら撮ってやろう』の意と思われる)」と話したのに対し、外国人男性は英語で機動隊員に警察手帳の提示を求めた。

もう一人の覆面機動隊員は我慢できず、その外国人男性に「Please fxxk off!(すっこんでなさい)」と怒鳴った。外国人男性は機動隊員の気持ちを落ち着かせようとしたがうまくいなず、機動隊員は壊れたレコーダーのように繰り返し「Please fxxk off!(すっこんでなさい)」と怒鳴り散らした。最後、その外国人男性は諦め、現場を後にした。

関連記事(繁体字中国語):

眾新聞

蘋果日報

LIHKG