武装警察はショッピングセンターに突入 市民を拘束 子供や記者にペッパースプレー

2019年12月15日午後3時頃、武装警察が撤収した際に、理由もなく一人の男性を逮捕した。その男性は当時、リュックサックも背負わなければ、マスクすらつけていなかった。
警察は封鎖線を張った際に、あちらこちらに向けてペッパースプレーを噴射し、現場にいた大勢の市民を巻き込んだ。巻添えになったのは顔全体にペッパースプレーを食らった教育大学編集委員会の学生記者やまだ幼い一人のことも。現場にいたボランティア救護員は応急処置を施した。

関連記事(繁体字中国語):

城市廣播

蘋果日報

立場新聞

教大編委