武装警察が歩道で取材中の記者にペッパースプレー噴射 カメラのフラッシュライト消させた

九龍東部の九龍湾にある九龍湾健康センターが政府当局に武漢肺炎の指定医療機関に指定された決定に不満を抱いた現地住民100人以上が夜、健康センター付近の集合住宅麗晶花園(リッチランド・ガーデンス)にデモ行進を行った。

その間、何者かが集合住宅敷地付近の道路を封鎖し、言い争った。警察機動隊と特殊戦術小隊は集合住宅の敷地範囲に侵入し、違法集会警告を意味する青色警告バナーを掲げた後、数度にわたりペッパースプレーを噴射し、民衆を追い払った他、少なくとも一人の男性を警察の非常線の裏側に連れ込み、連行していった。

多くの警官が頻りに現場の市民や記者たちに後退しろと命令した。香港の公共放送局香港電台のビデオ・ジャーナリスト二人を含む取材陣が歩道上に後退している間、警察にペッパースプレーでカメラ等を直接に噴射された他、警察にカメラのフラッシュライトを消せと命令された。

ペッパースプレーの餌食になった男性に応急処置を施したボランティア救護員も警察に現場から離れろと命令された。現場の警察官は、記者以外の者が留まることが許されない、退去しなければ捜査の対象になると警告した。

香港電台

Facebook