機動隊員は手ぶらの通行人に理由なくペッパースプレー噴射

10月31日夜、武装警察が九龍のメインストリート、旺角の彌敦道(ネイザン・ロード)に市民の強制退去を行った。男性通行人が一人、歩道にいた警察起動隊に出くわした。通行人が警察に非常線の範囲を確認したところ、機動隊員に警告なくペッパースプレーで両目に向けて噴射された。その男性が現場から去ろうとした際にも、多くの警察官にペッパースプレーの缶で威嚇された。

RTHK

Facebook

Youtube