幼稚園児は警察の催涙弾の巻き添えに

10月31日夜、警察は九龍中部の繁華街旺角にて催涙弾を大量発射、市民を街から追い払おうとした。当時の映像を見るに、奶路臣街(ネルソン・ストリート)に通りかかった幼稚園女児が催涙弾に巻き込まれ、苦しそうに「痛いよ!」と泣き続け、側にいた母親に助けを求めた。ボランティア救護員は女児の目を洗い、現場の通行人も頻りに女児を慰めようとしたが、彼女は一向に泣き止まず、苦しそうに抗ってるため、応急処置もままならなかった。

関連情報:

Instagram

Facebook