女性市民を身柄拘束 性的暴力を加えた

11月3日午後、警察機動隊は放水車とともに香港島湾仔の軒尼詩道に沿って前進しながら、放水したり催涙弾を発射した他、市民を大量逮捕した。

同午後5時過ぎ、湾仔修頓遊楽場前と香港鉄路湾仔駅の間、簡易マスクをつけた市民が百人前後、機動隊に包囲された。警察は囲まれた市民に一人ずつ跪かせ、両手を挙げたまま身体検査を行った。二時間以上の取り調べの末、3つのグループに分けて、警察用バスで連行した。

身柄拘束された市民の2グループ目、凡そ30人が全員女性。その女性たちは前の人の肩に手を置いたまま、バスに上らせた。なお、一部の報道によると、数人の女性は拘束される前、警察に胸や尻を揉みしだかれたなど、性的暴力を受けた。

関連記事(繁体字中国語):

立場新聞

LIHKG

Facebook