外国籍市民は家族と食事の後 理由もなく私服警官に連行された

新界南西部のショッピングセンター・葵芳新都会広場にて、市民は今日(12月15日)「一緒にショッピングしよう」抗議活動を呼びかけた。同午後4時頃、私服警官と思われる者は現場で騒ぎを起こした。その時、外国籍男性が一人、ショッピングセンターにて突如私服警官に警察用車両に連れ込まれ、15分後解放された。

その男性が解放された後、記者のインタビューを受けた。その男性の話によると、彼は妻と食事をした後、突然ショッピングセンターで警察に強制連行されたが、その際に警察は彼に対して連行の理由を説明しなかった。車では私服警官が警察手帳を一回見せ、身体検査をした他、一時彼のスマホを押収したがスマホが解錠され、中身を見られたかは不明。持ち物のバッグが調べられた後、彼は開放されたという。

関連記事(繁体字中国語):

立場新聞