中国の武装警察は香港警察に紛れ込み 北京語で通行人を軍人侮辱と痛罵

警察機動隊員と思しきものはその中国本土の人に北京語で罵声を浴びせた、「軍人を侮辱する気か?知ってるのか?あんたには軍人になる資格がない!」「あんた今軍人(と言ったな)、知ってるのか?」その中国本土の人が香港銅鑼湾にあるビクトリア公園でタバコを吸いながら、北京語で機動隊にやり取りした。法輪功の機関紙『大紀元』の記者に対し、その中国本土の人は「国のために機密任務を請け負って」、「実際香港の状況を」専門的調査を行う「元軍人」と自称した。彼は11月2日、ビクトリア公園にて警察による過度かつ衝動的な武力使用と催涙弾の大量発射を目撃したが、それに同意しかねると話した他、機会があれば警察と話し合うつもりでいるとも述べた。なお、彼の話によると、当日現場に彼の「仲間」が実地で情報収集と視察した。その「国家調査員」と自称した男は当時警察機動隊に身分を明かした上、敬礼してから現場を去ったそうだ。

事件の映像・リンク:

Youtube

Youtube