レーザー照射 カメラ遮り 記者の口塞ぎ 警察は取材妨害

午後5時過ぎ、独立系ネットメディア『立場新聞』の記者が一人、九龍南部彌敦道と北京道の交差点の歩道にて、武装警察の警戒の様子を撮影取材した。当時警察官がペッパースプレーを歩道上の市民に向け、市民を追い払ったが、

その警察官は直後に撮影取材した記者を手やライオットシールドで突き飛ばした他、強力レーザーでカメラを照射し、撮影取材を妨害し、記者を無理やりに追いやろうとした。その間、メディア連絡班の婦警が一人、頻りに手で記者のカメラを遮った他、手で記者の口を塞ごうとした。ペッパースプレーで威嚇し、記者を追い払おうとした警察官もいた。一方、『社会聯合媒体』の記者が警察の一連の対応を撮影した際にも、同様に警察官に手やライオットシールドで突き飛ばされた他、ペッパースプレーで威嚇され、「公務執行妨害」名目で記者を逮捕すると脅した。

 

事件映像・リンク:

立場新聞

社會聯合媒體