ネット上の言論を理由に 警察は器物損壊の扇動罪で市民を逮捕

2019年12月16日、ソーシャルネットワークサービスサイトで「リフォーム(抗議活動中、店舗の破壊工作の隠語)」を唆すとして、警察当局「器物損壊の扇動罪」容疑で24歳男性を一人逮捕したと、当局は公式フェイスブックページで発表した。

警察当局によれば、サイバーセキュリティ及びテクノロジー犯罪調査科は10月中旬、何者かがソーシャルネットワークサービスサイトで店舗破壊を扇動したことに気づき、追跡調査の末、香港在住の24歳男性を特定し、12月16日新界南東部のベッドタウン将軍澳にてその男性を逮捕した。

警察当局は、現実世界に適用した法律のほとんどが、ネット空間にも適用できるとした。

 

LIHKG

立場新聞