デモ開始前交通妨害 警察当局は5車線封鎖

2019年12月8日、香港人権団体民間人権陣線(民陣)が「世界人権デー行進」を開催した。集会開始前の正午過ぎ、武装警察はデモへの妨害を図るか、西区海底トンネル(Western Harbour Crossing)九龍側出口前に検問所を設け、行き来の車両に検問をかけた。それにより、現場の交通は大渋滞になった。

西区海底トンネルの九龍側出口前に、警察当局はショッピングモール「圓方(ザ・エレメンツ)」前の車道に検問所を設け、香港島行きの6車線のうち、5車線を封鎖した。警察検問のため、西九龍幹線道路に大渋滞が引き起こされた。警察は三角コーンで車線を封鎖し、現場には警察用車両とバスが少なくとも二台ずつ止めてあった。

なお、東区走廊(東区幹線道路)銅鑼湾行き車線に、警察は検問所を設け、車に検問をかけた。大欖トンネル九龍行き方向の乗替場に、大勢の機動隊員は警戒した他、繁華街行きのバスに乗り、取り調べを行った。新界大埔の公営住宅広福邨にて、私服警官はバスを取り調べた。

関連記事(繁体字中国語):

蘋果日報