カッター所持で逮捕も 検察側は証拠不十分で公訴棄却

去年11月2日、民衆は中環の皇后像広場と遮打花園にて、それぞれ「一緒に折り鶴を」活動と「米国会『香港人権民主主義法案』声援集会」を開催した。

その間、16歳の青年男性がカッターと「レーザー銃」を所持したとして、攻撃用武器所持の容疑で逮捕・起訴されたが、公判が今日東区地方裁判所で再開した際に、検察側が証拠不十分で公訴を棄却した。