まるで三合会のよう 武装警察は民衆を挑発 市民を突き飛ばし レーザー装置で至近距離に目を照射

香港人権団体民間人権陣線(民陣)が1月1日、香港島に「元日大行進」を呼びかけたが、警察当局が同午後5時半頃デモを強制中断した一方、九龍と新界に大勢の警察官を出動させ、大挙して市民を取り調べたり逮捕したりした他、民衆を挑発し、香港各地を混乱に陥れた。

夜7時頃、夥しい覆面機動隊員が九龍南部のショッピングモール、尖沙咀の「海港城(ハーバーシティ)」前に頻りに若者に職務質問を行った。警察の法執行のでたらめ加減に不満を感じた現地住民が車道の向こう側から警察官に罵声を浴びせた。行動コード「YT T3-4 3/2」の機動隊員が激昂し、凄まじい勢いで広東道の車道を渡り、強力レーザー装置で至近距離に市民の目を照射した後、しゃがれた声で街の通行人を罵った他、三合会のように胸を張り若者たちを挑発した。その暴走ぶりを見て恐れをなした市民は逃げ回ったり道を迂回したりした。

 

蘋果日報

蘋果日報

LIHKG