「8・31」警察無差別襲撃の半年後 警察機動隊は再び記者や市民に暴力

警察による市民の無差別襲撃事件から半年が過ぎた、2020年2月29日の夜8時頃、300人以上の市民が事件を記念すべく、現場である太子駅付近の太子道西と彌敦道(ネイザン・ロード)の交差点周辺に集まった。

それに対し、警察機動隊は彌敦道の車道に警戒したが、警察官が突如激昂し、現場取材した記者たちに怒鳴り散らした後、親中派労組工聯会施設前の太子道西にて、記者にペッパースプレーを噴射した。

同夜10時過ぎ、ショッピングセンター聯合広場の向かい側にて、武装警察が突然に怒鳴り出しながら、前方に向かってペッパースプレーを噴射。通りかかった高年女性が巻き込まれた。

同夜11時過ぎ、警察は豉油街、西洋菜街と彌敦道の辺りに市民を包囲した後、警告もなく、突然に市民や記者たちにペッパースプレーを噴射し、催涙弾を乱射した。数多くの記者、市民とボランティア救護員が巻き添えになった。

立場新聞

立場新聞

立場新聞

香港電台

理大編委

城大編委

Flash Media Hong Kong

教大編委

加山傳播

加山傳播

USP社媒

理大校園電台

中大校園電台